格安キャンプ用品で、キャンプに行こう!!

定年退職して時間はある、そうだキャンプしよう!格安にね!

100均キャンプ用品もうまく活用して、Amazon、楽天、等々コストパフォーマンス重視で厳選します。

ダイソーに行ってきました。

今日、近所のダイソーに行ってきました。
本当はダイソーで最近発売になった、500円のミニメスティンを買いに行ったのですが、やはり人気なのか売り切れでした。
替わりに、以前から気になっていた300円のジャグを買ってきました。

写真左側が今日買ってきた300円のジャグです。容量は3.8Lです。
よく100均でジャバラ上になっているジャグはありますが、荷物にはなりますが、こちらの方がカッコ良いですよね。右の物は以前から使っていた20Lのポリタンクです。
水場から20Lの方で持ってきて、飲み水や頻繁に使うのは3.8Lあれば色々と使えますので、便利だと思い買ってきました。
ついでに、前回のキャンプで醤油を忘れたので、

100円のガラスの容器と2分割のステンレス箸も買ってきました。
この容器はなんか薬の瓶みたいですけど、大きさが丁度良さそうなので、2個買ってきました。次回は醤油を忘れないようにっと・・・・
ステンレスの箸ですが、ネジ式で2分割出来るものです。
箸は意外とステンレスが便利ですね、多少汚れてもガシガシ洗えるし、つい炭なんかも掴めるし・・・笑

火の周りと言う事で、薪割り用のアイテム鉈とのこぎりです。「冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) なたとのこ 小 NS-180」Amazonのタイムセールで2573円でした。

冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) なたとのこ 小 NS-180
冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) なたとのこ 小 NS-180
冒険倶楽部(BOHKEN CLUB)
スポーツ&アウトドア


薪を作る為、自宅でバラシて良い木箱などを解体するのに使いましたが、結構使えました。細かくするのはモーラナイフを使ってバトニングの方が細かくしやすいですがね。

革手袋はワークマンが安いです。これは350円、サイズも選べるし、種類も豊富です。
使い勝手も良いしね。
この他、ワークマンでは靴とか、焚火用綿ヤッケとかペグ、ペグハンマー用に工具袋なんかも買っています。
また、メスティン探しにダイソー巡りしないとねー



キッチン周りの便利な物、格安な物

今日はキッチン周りの使用しているアイテムをご紹介します。

前回の焚火ですが、ニトダッチとホットサンドメーカーです。トライポットは「キャンピングムーントライポッド M 3段」(Amazonで1690円)ですが、この後同じものをもう1個買いました。このM 3段と同じものでL4段(2000円位)があります。3段だと幅が足りなくて焚火台ギリギリです。4段に買い替えるよりも安いので同じものをもう1個買って4段で使います。残りはスペアパーツで使えますしね。軸が若干細いので(安いので仕方がないけど)スペアが必要になるかと・・・・中身たっぷりのダッジオーブンを吊るしても強度的には大丈夫そうですが、コールマンのトライポットが欲しいなぁ・・・笑
あと、焚火台の下に「Chaslean バーナー シート カーボンフェルト素材60X60センチ」(Amazonで999円)の物を敷いています。これは敷いておくと焚火後の跡片付けが楽です。グラス繊維の白い物もありますが、使用後で手がチクチクしますのでカーボンンの方が良いと思います。



両方ともニトリです。いわゆるニトダッチとニトスキです。それと石焼鍋用のペンチみたいな物、Amazonで300円位でした。蓋とか開けるのに便利です。これもセリアで100円の似た様な物があるらしいです。
ダッチオーブンは19センチで1480円、スキレットは20センチで蓋込みで1380円でした。ニトリのアウトドア製品は安いですねぇ。
どちらかというとダッチオーブンの方が出番が多いかも?・・・と言ってもキャンプはまだ1回なので家使いでの話です。
コロナ自粛中は庭で燻製などをダッチオーブンで作ったりしていました。
ダッチオーブンでの燻製の簡単な方法は、鍋底にアルミホイルを二重に少しくしゃくしゃな状態で置いて、その上にチップを適量(量はお好みです)その上にキャプテンスタッグキッチン用品 スキレット ロストル(Amazonで362円)を置き、チーズや魚などを載せ、火にかける。煙が出てきたら5-10分で出来上がりです。ちなみにスキレットロストルは

こんな感じの物です。少し足の様なものがついている方が良いみたいです。100均でも似たようなものがあるのでそれでも良いかもしれません。
ダッチオーブンもスキレットもシーズニングが必要です。しないとすぐ錆びます。
シーズニングは、ニトリの場合、箱の中にシーズニング方法が書いてありますが、家でする場合、最近のコンロは温度センサーが付いていて、熱くなると消えたり弱くなるので家庭用のカセットコンロやアウトドアコンロを使います。
私の場合、コールマンの413ツーバーナーをオークションで2300円で買い、不動品だったので修理をしてその試運転でシーズニングしました。ツーバーナーの修理は詳しく書くと長くなるので、またの機会に書きますね。



MiliCamp キャンプ用 メスティン  MR-250です。2050円(Amazon)
最近流行りですよね、これ。

MiliCamp MR-250 メスティン アルミ飯盒 ハンドルカバー付き キャンプ用品 災害時用 半自動炊飯 バリ取り済み ドイツLFGB食品安全検定済
MiliCamp MR-250 メスティン アルミ飯盒 ハンドルカバー付き キャンプ用品 災害時用 半自動炊飯 バリ取り済み ドイツLFGB食品安全検定済
MiliCamp
スポーツ&アウトドア

確かに色々なレシピがネット上でも溢れていますよね。


これは、約2合までご飯が炊けます。100均に売っている固形燃料でほったらかし炊飯が出来ます。

これは100均(セリア)で売っているクッカーで2つ買いました。ダッチオーブンやスキレットの火にかけた後の置台にも使えます。

やはり100均(これはダイソーで150円)こんなステンレストレーの上に置き固形燃料を置いてその上に米と水を入れたメスティンを置いたら2-30分放置でご飯が炊けます。
メスティンは蒸し用網を使うと蒸し物も出来ます。固形燃料は20gから30gくらいまで大きさがあるので、ご飯の炊く量で変えると良いです。
ステンレストレーも200円でこれより大きいものもあります。
各サイズ購入しました。


CANWAY ウッドストーブ(二次燃焼ストーブ)Amazonで2380円です。
これは割りばしとか、薪の屑とかでかなり強い火力が出ます。トレーが付いていて、固形燃料も使えます。割りばしだとコーヒーのお湯が沸かせるくらいですが・・・
でも、小さな焚火が楽しめます。意外とこまめに薪をくべないといけないので、それなりに楽しいです。これを使うときにも先ほどのステンレストレーの上すると楽です。

CANWAY キャンプストーブ バージョンアップ ウッドストーブ 携帯用コンパクト ステンレスストーブ 二次燃焼 収納パック付
CANWAY キャンプストーブ バージョンアップ ウッドストーブ 携帯用コンパクト ステンレスストーブ 二次燃焼 収納パック付
CANWAY
スポーツ&アウトドア



次にコンロ(ストーブ)です。
これはキャプテンスタッグオーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900でAmazonで2736円でした。左の白い箱に入ります。小さいです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山用 バーナー オーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山用 バーナー オーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
スポーツ&アウトドア

OD缶使用のガスストーブです。取り扱いが簡単で気軽に使えますが、ガス代が意外と高くつきます。小さい方の缶を使い自宅で毎日コーヒーを入れていたら1週間持たなかったような・・。230gで500円程度、500gで750円位か・・そこでキャンピングムーン(CAMPING MOON)マルチガスアダプター(Amazonで2580円)

キャンピングムーン(CAMPING MOON)マルチガスアダプター マルチガスバルプ CB缶⇆OD缶口金 詰め替え 互換アダプター Z11/Z13/Z15
キャンピングムーン(CAMPING MOON)マルチガスアダプター マルチガスバルプ CB缶⇆OD缶口金 詰め替え 互換アダプター Z11/Z13/Z15
camping moon
スポーツ&アウトドア


こんなやつですが、CB缶からOD缶にガスを補充できるものです。CB缶が250g程度入っているので、100円以下で250g程度補充出来ます。うまく使うとほとんど移すことが出来ます。アダプターは1000円位のものありますが、うまく使えないというレビューが多かったです。
ガス移し替えは部屋ではなく、屋外でやった方が安全です。

こちらはコールマンのガソリンストーブです。これは15年ほど前に買ったもので、
今回ポンプカップなど交換、メンテして使っています。もう1台コールマンの508Aを持っていますが、40年以上使っているので、ボロボロです。メンテはしているので使える思いますが・・・・このシルバーの物は533だったかな、レギュラーガソリンも使用できます。こちらは点火までに手間が掛かりますが低温でも点火出来ることや、燃費も良いです。コンロはあと、コールマンも413Hツーバーナーを持っています。ソロではあまり出番はなさそうですが。


あと、焚火で便利なのでバーナー(SOTOの物で2000円位)20年物です。
バーナーがあると、炭も薪も一発で火おこしできます。
ライターはすべてターボモデル(100均)沢山持っていると、なぜか安心です・・・笑
ファイヤースターターも100均の物を持っていますが、連泊とか時間のある時には楽しんで火おこしするのも良いですけどね。

まな板も100均です。家でも魚とかバーナーであぶる時に使っています。
あと100均のセリアでは最近火吹き棒が発売されました。
写真はありませんが、ふき口にシリコンゴムが被せてあり、使いやすいです。
火吹き棒も500円位で買ったものも持っていますが長さが長いので使い分けています。
ちなみにこのテーブルはカインズホームで1280円でした。焚火の隣に置いておくのに丁度いいです。


包丁はモーラナイフを使っています。右の少し錆びているように見えるのはカーボンスチールの物。紅茶とレモンで黒錆化したつもりが少し茶色くなってしまいました。でも赤錆は出てこないです。これはバトニングとかロープ切ったりとかに使っています。
左のはステンレス製の刃の物で野菜切ったり肉切ったりはこちらでやっています。錆に強いのですが、切れ味はカーボンスチールの方が良いです。カーボンの方は砥石できちんと研いでから黒錆化しているので、切れ味は良いです。
どちらもAmazonで2000から2500円程度です。モーラナイフは刃の厚みが何種類かあって、厚いもの(Heavy Dutyとついている物)が、バトニングには向いています。

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Black
モーラ・ナイフ Mora knife Companion Black
Mora of Sweden
スポーツ&アウトドア



最後にまた100均の物でキッチン周りのパイプにクリップしてコンビニ袋を引っかけてゴミ入れに出来るものです。今回行ったPICAでも、基本ゴミは持ち帰りなので、3個用意して分別していました。メインの足の長いテーブルの脚に付けて燃えるゴミ、ビニール、缶と分けて捨てていました。100均は便利な物多いですね。
まだまだ便利で安いものもあるのですが、今後もどんどん紹介していきますね。


PICA表富士で初ソロキャンプ

6月16日から17日にPICA表富士キャンプ場にソロでの初キャンプに行ってきました。
3月に定年退職後、4月からキャンプを始めようと色々と準備をして来たのですが、
コロナ騒ぎが収まってやっと行けるようになりましたが、早くも梅雨入り・・・
6月に入って毎日Yahoo天気を確認、16日近辺が晴れそう・・即予約しました。
住まいが鎌倉なので、御殿場近辺がアクセスが良い為、御殿場近辺のキャンプ場をリサーチ、ソロに良さそうなPICA表富士にしました。
このキャンプ場は、富士山の2合目に位置していて、元々は表富士グリーンキャンプ場という名前のキャンプ場でした。標高1,200mに位置するため夏でも涼しく快適です。
夜は少し寒いくらいでした。
今回、ソロなので、テントは「FIELDOOR フォークテント 280」それとアマゾンで3580円で購入した GROOFOOというメーカーのヘキサタープを持ってきました。
チェックインは13時なのでそれに合わせて向かいましたが、御殿場であれこれ買い物をしていた為、到着は14時頃になりました。フロントでチェックイン今回はオートキャンプ電源なしサイトで1900円、薪を1束750円、合計2650円ですので、格安だと思いました。
今日は他にオートキャンプは居ないとの事で、何処でも好きな所で良いとの事、他に居ないなら炊事場に一番近い所で9番にしました。
まずは場所の確認入り口サイトの入り口近辺から富士山が見えるとの事でしたが雲がかかっていて見えませんでした。
場所を確認してまずは荷物を下ろします。グランドシートの場所を決めてインナーテント、フライシートと張っていきます。。。。と簡単に書きましたが歳ですね。。。テントを張るだけで結構息が上がるというかスクワットをした後の様な感じ、ペグ打ったりしかもテントが前日届いた事もあって未開封のままだった為、ロープなどの準備が大変でした。
結局タープまで張って、1時間ちょっとかかってしまいまいた。

FIELDOOR フォークテント 280 【ダークブラウン】 二又ポール ロープ ペグ 収納バッグ付 フルクローズ メッシュ スカート シェルター ティピーテント ソロ ツーリング キャンプ
FIELDOOR フォークテント 280 【ダークブラウン】 二又ポール ロープ ペグ 収納バッグ付 フルクローズ メッシュ スカート シェルター ティピーテント ソロ ツーリング キャンプ
コンポジット
スポーツ&アウトドア
GROOFOO 防水タープ 遮光 タープ 天幕シェード テント キャンプ UVカット 軽量 裏面に銀コーティング 高耐水加工 遮熱 日除け サンシェルター アウトドア 収納袋付き 携帯便利 (ブルー・3*3m)
GROOFOO 防水タープ 遮光 タープ 天幕シェード テント キャンプ UVカット 軽量 裏面に銀コーティング 高耐水加工 遮熱 日除け サンシェルター アウトドア 収納袋付き 携帯便利 (ブルー・3*3m)
GROOFOO
スポーツ&アウトドア

取り敢えず完成。焚火もOKです。この時点ですでに16時を回っていました。
15時頃もう一人ソロの人が反対側に設営、後で少し話をしたのですが、午前中に仕事して、午後から急遽キャンプに来たそうです。静岡の方でここまで1時間程度との事でした。近いのは良いですねぇ。
夜になりソロの醍醐味、まったり焚火を眺めて過ごしました。晩御飯は玉ねぎとベーコンのスープをダッチオーブンで作り、ハンバーガーをホットサンドメーカーで焼いたものとお決まりのビール・・・焚火の前でビール・・・旨い!

この焚火台は LOGOS the ピラミッドTAKIBIというもので、セゾンのポイントが貯まっていたので、貰ったものです。ダッチオーブンはニトリの19センチの物1380円安いけどちゃんと使えます。もちろん自宅でシーズニング済み。ホットサンドメーカーはカインズで1980円でした。これも安かったけれどちゃんと使えます。御殿場のカインズで衝動買いしてしまいました(^^♪
カインズでは夏用のシュラフ(寝袋)1380円を購入、これは持っているシュラフが3シーズンの為、この時期では熱いかもしれない事と、今後、秋、冬と行くつもりなので、寒いときに上から使える封筒型のシュラフを購入したものです。


夜になって、焚火に炭を投入この炭は物置で埋もれていた15年物3kgの炭です(未開封)でもちゃんと使えました。あと5Kgの炭があるので次回使ってしまおうと思っています。


ランタンはコールマンのツーマントルランタン288A(以前から持っていた物をタープの外側に立てたポールのランタンフックに、テーブルの上にはFEUERHANDランタン 276(アマゾンで3580円)とテント内には充電式LEDランタン(LEDランタン usb充電式 12800mAh)3199円 を設置、とりあえずゆっくりと過ごしました。
お気に入りのバーボンのミニボトルを持ってきたので、クーラーボックスの中のロックアイスでロックを作り飲み、夜は12時前に寝てしまいました。
朝5時前に鳥の鳴き声で起床、外を歩いてみると天気は良いみたい。


富士山が見えました。タイトルの画像もこの時の物です。さすがに近いです、大きいです。朝は焼き鳥の缶詰と卵で親子丼を作りました。
次回からは、このブログ用に食事の写真も撮りますね。
この後はテントをたたんで干して、11時頃までのんびり片付けてからチェックアウトしました。


翌日・・・・すごい筋肉痛になりました。いい運動になったっことですね。(笑)


今後はキャンプ用品の事なども書いて行きたいと思っています。